So-net無料ブログ作成

北アフリカ、モロッコの旅18 [旅]

立春も過ぎて2日目、これから雪の降る予報です。

庭は、蝋梅も満開が過ぎ、紅梅も咲き、雪割草も咲き、福寿草も咲き、イチゲもたくさん出ていて、バイカオウレンも咲き始めた。

いつもの年よりかなり早い。

そんな春です。


。。。。。。。。。。。


ブログはモロッコの旅の続きです。

ブルーの街シャウエンは、おとぎの国に迷い込んだような錯覚の街でした。

店の主は日本人に話しかけます。

「こんにちは~~」と声を掛けられたり!



こんな店を歩いていると

「ジャパン……おもてなしは後でね」

と声を掛けられ、笑ってしまいました。

syau1.jpg




ブルーの壁の品物は販売商品かなぁ~~
syau2.jpg




オレンジも生っていた。
syau3.jpg




ホテルもブルーなんです。
syau4.jpg




何世紀も前の建物で暮らすトイレの排水処理はどうなっているのだろう??
と考えて散策した。
syau6.jpg




水道の手洗い場もブルーに包まれ
syau5.jpg




蛇口から出る水は、どんなところに使う水なのかな?

飲み水はペットボトルを買いますから……!
syau7.jpg


そんなことを考えながら散策を楽しんだ。



シャウエンの街散策は終わりです。
syau8.jpg




車窓から撮るのでピンボケですが、水を流している水路です。

かなりの距離をこの水路で水を流し運んでます。
syau9.jpg




見える木はコルクの木です、コルクの木はとても数が少なくなった、と聞いてます。
syau10.jpg




長い大きな橋を渡ってます。
syau11.jpg




橋の名前は 「ムハンマド6世橋」王様の名前の橋です。

また「モハメド6世橋」とも言います。
syau12.jpg




バスはカサブランカへ向かってます。
syau13.jpg




カサブランカの空港の街に入ってきたのでしょう!
syau14.jpg




空港ターミナル到着です。

空港の名前は「ムハンマド5世空港」です。
syau15.jpg

今の王様は6世ですから、1代前の王様です。


ここでモロッコの旅は終わりです、添乗員のアミンさんともお別れです。

モロッコで17人しかいない日本語のガイド、アミンさんは日本語がとても上手で素晴らしい添乗員でした。


「東京オリンピックに通訳者として日本へ行きたい」と本人は言ってました。

平安時代、鎌倉時代、江戸時代のことまでよく知っていたから、オリンピックにキット来られることでしょう!




カサブランカらトルコのイスタンブール空港へ
syau16.jpg


楽しかったモロッコ  サヨウナラ モロッコ


長々とお付き合いいただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(32)  コメント(26) 

北アフリカ、モロッコの旅17 [旅]

こちらは1度も雪が積もらず水田の水不足を農家は心配している。

見える里山も全然雪が無い。

いつもならまだ遠い雪国の春、今年は早々と紅梅も咲き出した。

良からぬ前ぶれでなければよいが……と気になってます。


。。。。。。。。。。。


モロッコの旅の続きです。



シャウエンの街に入りました。


シャウエンの街は街灯の柱もブルーです。
syau1.jpg




市街地もブルーです。
syau2.jpg




旧市街地へ入ります。
syau15.jpg




モロッコでは担当の添乗員が最終日まで付き合ってくれますが、その他に現地のガイドが付きます。

何をするわけでもなく、説明も何もしません。

ガイドの付く理由は分かりませんが、迷子になったとき、悪徳商人に絡まれて難癖付けられた時、トラブルに巻き込まれたとき、のためと思います。


マラケシュのジャマエルフナ広場の時も、カスバのアイントベンハットウの時も、フェズの観光の時も、現地ガイドが付きました。




このシャウエンの旧市街地の時もガイドを紹介されました。

そのときのガイドさんがこの人です。
syau14.jpg

同じ年齢でした、2人でイエ~~ィ……とポーズ♪




旧市街地は迷路のようです。
syau3.jpg




旧市街地はブルー一色の暮らし。
syau4.jpg




文化は、たしか……スペイン人の影響も大きいと聞いた気もする。
syau5.jpg




かなり大きいい旧市街地、どっちが戻りの道か迷いそう!
syau6.jpg




隣との境界線は分かりませんが、建物は全部暮らしてます。
syau7.jpg




大きなお世話ですが、日が差すのかなぁ~~と考えたり……
syau8.jpg




火災が起きたら消防対策はどうするのかなぁ~~と考えたり
syau9.jpg




観光で来るには珍しいから良いけど、住めないわ!、と思ったり。
syau10.jpg




階段が多く歳を取ったら足腰丈夫でないと暮らせない場所だ……!
syau11.jpg




驚いたり、ビックリしたり(@@)
syau12.jpg




初めて見る世界でした。
syau13.jpg



次もモロッコです。



またお越しください。
nice!(35)  コメント(25) 

北アフリカ、モロッコの旅16 [旅]

モロッコの旅の続きです。


モロッコ・フェズは皮製品が有名です。

フェズの街の観光、皮工房の見学も済ませて次へ移動です。



建物から出ると馬?それともラバ?、車が入らない小路には便利な運び屋です。
sya1.jpg




次の観光地まで移動です。

しばらく車窓からの風景です、旧市街地と現代の街と、この塀が境目です。
sya2.jpg




フェズの街にサヨウナラです。
sya3.jpg




オリーブ畑が出てきました。
sya4.jpg




こんな大地を見ながら200キロ走ります。
sya5.jpg




広い大地を走り、野を超え 山を越え!
sya6.jpg




名前の知らない街を超え。
sya7.jpg




サボテンです、花もたくさん咲いていた、車窓からはこんな風景をたくさん見た。
sya8.jpg




砂漠のような大地から、草原の大地に変わってきた。
sya9.jpg





草原と言うと水もあるのでしょう、住まいが見えて当然人も暮らしている。
sya10.jpg





洗濯ものも干してある。
sya11.jpg




途中で昼食、レストランに到着でケバブ料理を……来て何日にもなるのに、まだ食欲無し。


料理を撮らずにこちらの方を撮って♪
sya13.jpg




ハーブ茶を入れてます、見事です。
sya14.jpg




熱心に写真を撮っているのでサービスしてくれました。
sya15.jpg




兄ちゃんはサービス満点 「これで良いか?」とジェスチャーしてくれた。
sya16.jpg




食事を済ませてシャウエンへ


シャウエンはブルーの街です。
sya17.jpg



次はブルーの街シャウエン散策です。



またお越しください。
nice!(29)  コメント(14) 

北アフリカ、モロッコの旅15 [旅]

昨日はクラスメートが我が家に集まって1日楽しんだ。

この歳になると早い人はもう数人ボケに入っている、と聞いた。

「脳の確かなうちに集まろう」と電話連絡のとれる人だけ集まった。

それは後ほど更新です。


。。。。。。。。。。。


モロッコ・フェズの更新です。



フェズの旧市街地、狭い路地を散策です。
fez5.jpg




こんな狭いところも多い、迷ったら出られない小路が多い。
fez3.jpg




電気のメーター器
fez1.jpg




この扉は下にも上にも付いている。
覗いて人の場合は下の扉を開ける、馬や動物を連れているときは上の扉を開けるため。
fez4.jpg




フェズの街は、皮製品でも有名です。

この綺麗な建物は、皮製品を作っている店です。
fez6.jpg

車も入らないところにどうやって造ったのだろうと眺めた。




中へ入るとハーブを1本わたされた。

どんどん階段を上がっていく、屋上まで上がった。

フェズの街を見下ろすためかと思って上がってきた。
fez7.jpg





屋上は臭い……ハーブをくれたのは、この臭さをごまかすためだった。

見えるのは洗濯ものではなく剥かれた羊の皮、至る所に羊の皮がぶら下がっている。
fez8.jpg

↑屋根の上の丸いものは、皮じゃなくむしられた羊の毛と思います。





たくさんの皮が、ところ狭しと下がっている。
fez9.jpg




至る所にむしられた毛と、皮が山積みになって臭いのなんの……たまらず階段を下りた。
fez10.jpg




階段を降りるとこんな場所に着く。
fez11.jpg





商売熱心な男性たちが待っていた。
fez12.jpg




革ジャン、バッグ、スリッパ、ショルダーバッグ、なんでもありです。
fez14.jpg




数人カバン類を買っていた、皮も柔らかく薄いので良い品と思いますが値段の方も良い価格。
fez13.jpg




建物から出る時説明してもらったけど忘れた、この照明は古い歴史がある、と聞いたような!
fez17.jpg




この扉も歴史がある古い扉、と聞いた気がする。
fez16.jpg


次もモロッコです。



またお越しください。
nice!(28)  コメント(17) 

北アフリカ、モロッコの旅14 [旅]

異常気象で雪国は雪が降らず困っている人も多い。

行政は、冬は雪が降るものとして考え道路工事や護岸工事などの冬場の予算は組まない。

冬場はそんな仕事はしないのです。


その分、除雪作業や排雪作業の予算は組んでいる。

しかし今年は雪が降らない、除雪作業に依頼は無し、土木工事の予算も無し。

その仕事に携わっている人たちの仕事が全くないのです。


自然サイクルが狂って、収入源を断たれた地方の暮らしにも影響が出ている。

大きい声で喜ばれない雪国です。


。。。。。。。。。。。。

モロッコの旅の続きです。



パノラマはフェズの街です。

この日は、この街の旧市街地観光です。
fez1.jpg




この門を挟んで時代が変わります。

門をくぐると、日本の奈良時代だったか平安時代だったか忘れましたが、その頃と同じ時代の旧市街地に入ります。

ブー・ジェルード門 表側 こちらが現代の街
 表側は青のタイルで装飾されている
fez2.jpg




中に入った裏側の門 大昔の市街地側
緑のタイルで装飾され、その繊細さで目を見張る。
fez3.jpg





859年に建てられたカラウィン・モスク
fez4.jpg





このモスクは世界最古の大学でもあります。
fez5.jpg




この当時にも素晴らしいステンドグラスがあったのでしょう(@@)
fez6.jpg




アラビア文字はここからヨーロッパに伝えられたと言われてます。
fez7.jpg




この中へ入られる人はイスラム教徒のみです。
fez8.jpg





木の細かい指物にビックリです。
fez9.jpg




細かい細工の施された中にアラビア文字のような字も刻まれてます。
fez10.jpg




このモスクの大学を1歩でれば
fez14.jpg




迷ったら出られないような路地。
fez11.jpg




店が立ち並ぶ、また職人たちの街でもあります。
fe12.jpg




1枚の銅板をたたいて、色々な製品を作り出してます。
fez12.jpg




日本語も上手で販売も上手です。
fez13.jpg



次もモロッコの旅です。



またお越しください。
nice!(34)  コメント(19) 

北アフリカ、モロッコの旅13 [旅]

大寒と言うのに雪のない雪国……学校では雪国のスキー授業を予定してあっても雪のない3学期です。

待った無しの温暖化です。


。。。。。。。。。。。



フェズのホテル宿泊です、このホテルは為替の交換できるホテルです。

一般には何処のホテルも飲酒はありません、空港の街マラケシュのホテルは注文を受ければ出してくれました。

しかしホテルによっては完全に禁止のところもあります。

そんな時は持って行った酒を、ミネラルウォーターのペットボトルに入れかえて、

「水の飲みたい人」

と言ってこっそりと飲んでました。

お酒の好きな人は、飲む方法を考えますね、驚きです。


その日はフェズ観光です。


フェズの街にタイル工房があります。

粘りのあるとても良い土がとれます。

不純物を取り除いて綺麗にされた土はシートをかぶせられてました。


次の行程はこんな風に並べられて乾かしてます。
ta1.jpg




並べられて乾かしている土に、こんな足跡を発見@@ 許可なく踏んで叱られないのかしら……!
ta2.jpg




裏側も乾かすために、こんな風に並べられて。
ta3.jpg




今は使われていませんが、以前は乾燥した土をこの窯で焼きました。
ta4.jpg




下は窯です。
ta5.jpg




陶芸をやってます、ロクロを回して何かを作ってます。
ta6.jpg




何が出来上がるのでしょう(@@)
ta7.jpg




焼き上がったタイルをカットしております。
ta8.jpg




とても細かい作業をしてました。
金槌のような道具を持たせてもらったら重かったです、その道具でカットするのでしょう。
ta9.jpg




タイルにカットする形が描かれてます。
側の小さいかけらは屑じゃなくカットした材料です。
ta10.jpg




出来上がった商品。
ta11.jpg




細かく張り合わせて出来上がった品々がたくさん展示されてました。
ta12.jpg




テーブルもたくさんありました。
ta13.jpg





根気のいる作業をする職人たちのタイル文化を感じました。
ta14.jpg




商品がところ狭しと陳列されてます。
ta15.jpg




立派な品とは分かりますが趣味が合わず買わなかったです。
ta16.jpg


次回もフェズの観光です。


またお越しください。
nice!(22)  コメント(14) 

北アフリカ、モロッコの旅12 [旅]

モロッコの旅の続きです。


エルフードの街から次の街、イフレンへ移動する車窓からは、こんな風景をたくさん見ました。


住まいと洗濯物が干してある。
fez1.jpg




電気と水道の普及率は結構高かったように聞きましたが、山間部はまだまだと思います。

イフレンの街です。

真夏は厳しい暑さになるモロッコ、希少な避暑地である。
fez2.jpg




綺麗な建物がズラズラと立ち並ぶ。

アトラス山脈の中腹に位置するイフレンの街、ヨーロッパのアルペンリゾートが出現したかのような不思議な感覚の街です。
fez3.jpg



フランスの植民地時代だった1929年保養地として造られ、独立後は別荘地となった。

要人や富豪の別荘が多い。

この街にも王宮があります、しかし王宮は写真撮影は禁止です。


このイフレンの街でカフェタイムとトイレ休憩。

その後、街散策。




モロッコの最後のライオン「アトラスライオン像」を見た。
fez4.jpg




散策後、65キロ走ってフェズの宿へ。
fez5.jpg


モロッコはイスラム国、イスラム国はホテルの夕食には酒は、ご法度なのか付かない、出さない。
fez6.jpg




酒の飲まない私は良いけど、酒の準備のされてないホテルが殆ど。

事前に問い合わせて聞いても、殆どが「ノォー」だそうです。

バイキング料理を頂いて終わりです。

朝も日本のホテルと違って料理の品数は少ない。




翌朝、世界遺産の王宮へ

正面のこの王宮は写真撮影OKですが、左側の建物やその他は禁止。
なぜ禁止か何回聞いても教えてくれなかった……と添乗員さん。
fez7.jpg



だから撮りませんでしたが、たぶんセキュリティの関係と思われます。



細かい作業のタイル張り。
fez10.jpg




見事なまでの匠の技
fez14.jpg




扉も凄いです。
fez11.jpg




彫金師の技です。
fez12.jpg




線の角度は図案も無く造った、と聞いてます。
fez15.jpg




見事なまでの宮殿の門です。
fez13.jpg




宮殿の広場です、秋だったので落ち葉が散ってました。
fez8.jpg




宮殿のすぐ側の建物はユダヤ人が多く住んでいる街です。
fez9.jpg


次は、フェズの旧市街地へ移動です。


またお越しください。
nice!(31)  コメント(18) 

北アフリカ、モロッコの旅11 [旅]

雪国の冬に雪が降らず、雪上のかまくら祭りはじめ各地の色々なイベントが殆ど中止の冬です。

雪が少なく……ではなく、まったく降らないのです。

山自体に雪が無く、集めて運ぶ雪すら無い。

温暖化がここまでくると、不安というより気持ちが悪い。

地球はこの先どうなるのだろう!!!

人生 先の短いババは、健康な地球を取り戻すために1人悩んでいる。



。。。。。。。。。。。



モロッコの旅の続きです。


次の観光地へ行くまで、車窓からの街です。
sya1.jpg




結構大きい街で市場のように並んだ、たくさんの果物が見えます。
sya2.jpg




この街は焼肉が美味しい……と言われている街です。
sya3.jpg




バスはあっという間に過ぎるので撮るのは大変でしたが、過ぎてしまう肉店を何とか収めた、羊1匹丸ごと店先にぶら下がってます。
sya4.jpg


こんな店がたくさんありました、日本の店のように綺麗にスライスして切って売ってないです、1匹丸ごとぶら下がってます。



丸ごとぶら下がっている肉屋の隣から、焼き肉を作っている煙が出てます。
sya5.jpg




この街を過ぎるとまた砂漠地帯を走ります、コキアに似た植物が生えてます。
sya6.jpg


こんな風景がしばらく続きます。




しばらく走ると松の木や住居が見えてきました。
sya7.jpg




動物も見えます、羊でしょう。
バスからは時々、ロバに乗って移動する人を見ます。
sya8.jpg




これは遊牧民の住まいです。
羊を追って移動暮らし、簡単な住まい。
sya9.jpg


この国には字の読書き出来ない人は32%も居ります。

学校が遠い、通う交通手段が無い、そんな事情で学校へ通えない子供が居るからです。



畑らしいところも見えます、作物も作っているのでしょう。
作物は何を作っているのか分かりません。
sya15.jpg




冬には雪も降る、こんな住まいですから寒さで亡くなった人も出ました。

ムハンマド6世の奥様が、可哀想だから里の暮らしをさせてあげようと、里へ下してあげましたが……!

字を読めない、字も書けない、馴れた暮らしが出来ない……とまた山へ戻ったそうです。
sya10.jpg




親からの教わった暮らしが一番楽なんでしょう!
sya11.jpg




モロッコは、小学校も中学校もハイスクールも大学も教育費は全部只です。

国が全部出してくれます。


添乗員のアミンさんは、自分の国に32%も文字の読み書き出来ない人の居たことにショックを受けてました。




このように羊と暮らす遊牧民
sya12.jpg




街の中では、こんな風景と違ったハイスクールのハツラツとした男女大勢が学校から帰るのか、習いごとに行くのか、賑やかに歩いてました。
sya13.jpg




この国には経済も関係なく、自然とともに暮らす人たちが居たことに驚きました。
sya14.jpg



次もモロッコです。


またお越しください。
nice!(28)  コメント(14) 

北アフリカ、モロッコの旅10 [旅]

生活は楽ですが、暖冬で雪が降らず土建会社は冬場の除雪作業が無く困っている。

幾つかあるスキー場も、殆ど雪が無く閉鎖状態!

寒に入ったのに気温も7℃~10℃……なんて言う気温だ。

雪も冬の降るべき時降る、雨も梅雨の降るべき降る、が無くなって、スコールのような雨、家が飛ばされるような強風、竜巻がおきたり自然が荒々しくなって不安です。

小寒というのに庭にバラが咲いてます。
hana.jpg


長期予報では寒波の来る様子もなく、5月のゴールデンウイーク過ぎまでスキーのできるスキー場も3月で閉めるかもしれない。

とスキー場で働いている知人が言ってました。


令和2年、災害のないことを願ってます。


。。。。。。。。。。。


モロッコの旅の続きです。


こんなワクワクした思い出を胸に残し、次へ移動です。
sya16.jpg




エルフードの砂漠に湖が見えてきました。
sya1.jpg




そう大きくはないけど砂漠にとって唯一大事な湖です。
sya2.jpg




国がデカイので次の観光地までの移動も数百キロ単位、車窓からの風景です。
sya3.jpg




走っても走ってもこんな大地が続いてます。
sya4.jpg




畑らしい大地もありました、延々とこんな風景を見て移動です。
sya5.jpg

デカい国は、「昼時間になりましたから、少し走って昼食です」……と言う狭い日本と違います。

砂漠の真ん中ではレストランも、ドライブインもありません。

次の街へ到着するまではドライブインもトイレもありません。

1時とも2時とも言えない、街に到着次第昼食の旅です。


350キロ走って2時近くにようやくレストラン。


高い塀に囲まれたレストランです。
ホテルもレストランも高い塀で囲まれてます、それだけ何が起こるかわからない国なんでしょうね。
sya7.jpg




外側じゃなく中に入ってレストラン側からの門。
政治的に紛争はありませんが、強盗、ひったくり、金の出し入れには要注意の国です。
sya8.jpg




レストランです。
sya6.jpg

食事が合わず食欲は、なかったけど蒸し焼き鱒を食べました、意外と美味しかった。




中庭に、こんな花が咲いていた。
sya9.jpg




ヒバに似た木に、こんな実が生っていた。
sya10.jpg

モロッコは道の駅のようなところが無いから、こちらではドライブインで食べ物、飲み物を注文して飲んで食べてトイレを使います。

トイレだけ使用は2DH=(2デルハム)のチップを払って用を足します。

トイレは必ずチップを払って使用しますから、いつも小銭を持っていないといけません。



また車窓からの風景です。
sya11.jpg




何ていう街か分かりませんが通り過ぎます。
sya12.jpg




砂漠の街です。
sya13.jpg




平に見える山は、砂嵐などで削られてでき岩です、遺跡でもなんでもありません。
sya14.jpg


こんな風景を見ながら次の観光地へ移動でした。



次もモロッコの旅です。


またお越しください。
nice!(24)  コメント(19) 

北アフリカ、モロッコの旅9 [旅]

雪国に雪が無い……スキー場は雪乞いしたい気持ちでしょう!

孫か来てもスキー場は雪が無く営業中止でした。

自然を相手では計画通りにはいきません、親子は仕方なく東京へ帰っていった。


。。。。。。。。。。。


モロッコの旅の続きです。


エルフードは砂漠です。

砂漠にあるホテルの部屋。
eru1.jpg


日本では信じられませんがフロントからの電話が壊れている……朝早いのにモーニングコールもしてもらえない。

日本から一緒に行った添乗員さんが、朝早くドアをたたいて起こすことにしてくれた。




洗面所ですが、バスは無い……シャワーだけ!

砂漠だからバスの無いのは仕方がないけど、シャワー室と洗面所の間は仕切りも無し、ドアも無し。
eru2.jpg


シャワーも高すぎて届かない、脚立が要るほど……使っても中間にシャワー掛けも無い。

シャワーを使えば当然のこと洗面所はビショビショ。

トイレへ行くにもビショビショの床を歩く始末。



翌朝、何時集合は忘れましたが、暗いうちにサハラ砂漠へ出発です。

砂漠を「サハラ」と言います、「サハラ砂漠」と言うと、「サバク、サバク」と言う意味になりますね。


ホテルからトヨタのランドクルーザーに乗りサハラ砂漠を走ります。

ドライバーはサハラ砂漠の道なき道を腕自慢するように走り、ラクダステーションに私たちを届けます。

サハラ砂漠を走る写真はありません、暗いから写りませんし、右に左に振り回されるから無理!



ラクダステーションに到着。

夜の砂漠は気温が低くとても寒い、温かい服装です。

風を通さないようにウインドウブレーカーを着て、その上に山用のポンチョを着た。



アフリカのラクダは、1こぶラクダばかりで、アジアは2こぶラクダだそうです。

1こぶの背中にどうやって乗るのだろう!!!心配しなくても鞍が付いていた。

ラクダは乗ってみるととても高い、下を見降ろす感じ。



暗い砂漠を40分位ラクダに乗って進む、のこ間ラクダに揺られて、

「月の砂漠を~~は~ある~ばると~~♬  旅のラクダは行~~きました……金と銀とのくら~~おいて♬~~。」

と大きな声で歌いながら進んだ、矢印がワタシです。
eru3.jpg





空は満天の星に月、歌にピッタリです。

ロマンテックで楽しいのなんの♬♪
eru4.jpg


「砂漠では金と銀の鞍を置いたら盗賊に遭って丸裸、銀の瓶や金の瓶に水を入れたら熱くなって触れない、皮の水袋が一番良いね」と添乗員さん。

夢だけの歌の世界でした。




現地のガイドさんが五頭づつ引き連れて歩きます、この人が私たちのラクダを引いてくれました。

日本語も話し「ラクダは楽だ」と冗談を言いながら引いてくれました。
eru5.jpg




女性に優しいモロッコ男性、私と一緒に行った彼女を両脇に抱えて砂山を駆け上がってくれました。

駆け上がった砂山から下を見たら、お利口なラクダは座って待ってます。
eru6.jpg




私たちのキャラバン隊のラクダがこちら、矢印が私を載せたラクダです。
eru7.jpg




サハラ砂漠は添乗員さんの説明では、「アメリカ合衆国より広い」と言ってました。

写真は撮りませんでしたが、砂地でも生きている生物の足跡があります。

「この足跡はネズミかな……これは何とか虫の糞かな」と教えてくれました。




地平線から……と言うか砂山から朝日が昇ってきました。
eru8.jpg




モロッコの朝日が、だんだん光が大きくなってきた。
eru9.jpg




ラクダのガイドさんが写真を撮ってあげると言うジェスチャー!

太陽の前に立ったら手で太陽を持てと言う(^-^)
eru10.jpg




今度はつかむようにジェスチャー!
eru11.jpg




今度はターバンを持ってきた。

被っている毛糸の帽子を外そうとしたら、このままでよい、と言う。

すらすらを数秒かからず巻いてくれた、帽子の上に巻いたので大きい頭になったけど世話好きなモロッコ人でした。
eru12.jpg




日も昇ったので砂山を下りて乗せてきたラクダとツーショット。
eru13.jpg




砂漠にキャラバン隊の影が映ってます。
矢印が私の影
eru14.jpg




ラクダに乗って砂漠をこんな風に歩いた体験、遠かったけど来てよかった、と揺られながら思った。
eru15.jpg




ここでの旅の想い出は一生忘れないほど、印象に残った。
eru16.jpg


連れて行った知人も大はしゃぎで喜んでいた。



次もモロッコです。


またお越しください。
nice!(32)  コメント(20)