So-net無料ブログ作成

梅干し完成 [食品]

6月28日 梅干し作りの青梅を収穫した。
ume1.jpg




相棒に邪魔になっている枝を切ってもらって、シートの上に落としてもらう。
ume2.jpg




枝ごと切るので梅の収穫は楽です。
ume18.jpg




敷いたシートの上で梅もぎです。
ume3.jpg



収穫カゴにこれだけ。
ume17.jpg




10㎏量って、6㎏残った、残った6㎏は欲しがっている友達に上げた。
ume4.jpg




赤シソと塩で漬け込んで土用を待った。

土用に入ってカンカン日照りの良い日に干した。
1日目です。
ume5.jpg



2日目です。
ume6.jpg



3日目はシソも干します。
ume7.jpg




漬け込むカメも、押し板も、石も日光消毒、赤シソのエキスも日光消毒の天日干し。
ume8.jpg




使った桶なども天日干し。
ume16.jpg



一晩中干した梅は朝露で程よい硬さ
三日三晩の天日干しは終わって漬け込みました。
ume9.jpg




干したシソは赤シソエキスを含ませて一番上に載せて
ume10.jpg



押し板に石を載せて
ume12.jpg




日付を書いて
ume15.jpg




梅干しの完成です。

3か月寝かせます。
ume14.jpg



話によると酢を入れる人もおります。

早く漬かるので業務用は酢を入れて漬け込むと聞きました。

他に、砂糖、焼酎、など入れて作る人もおりますが、我が家はしません。

昔からの受け継がれてきた伝統で作ってます。

この漬け方は娘にも継がせたいと思ってます。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(29)  コメント(17) 

真夏の雪まつり [旅]

グタグタもしてますが、暑くても色々やってます。

三日三晩の土用干しの梅干し完成した日、プイと出た切りではありませんが、プイと思い付きで出かけてきました。

カーナビで目的地を設定して出かけましたが、ナビのボンクラにはほとほと呆れました。

誰も走らない山道、車のすれ違い不可能な細い道、限界集落、廃村になった狭い谷道、ヘアーピン坂道が延々と続く、どこまで走っても携帯圏外、そんなところを走らせた。

どっちに向かって走っているのか分からない!

こんなところで事故が有ったら連絡のしようもない!

何キロ歩いたら連絡が取れるか分からないほど山深いところ。

誰も来ない山道をハラハラドキドキしながら走った、カーナビは、そんなところを2時間以上もよくも走らせたものです。

腹が立って仕方が無かった。

民家が見えてきたときはホッとしました。

下へ下りたら繋ぐ良い道がいくらでもあるのに、危険な山道を設定したナビはもう使わないことに決めました。


「安ければ良い」

と中国に下請けで作らせるから こんなナビを作るのです。

日本人に作らせたら絶対こんなナビは作りません。

下道でもバイパスや最新の道でつなぎ作ります。

懲り懲りして、出かける時はマップを見て確認してからにします。



そんな思いをして出かけた途中にこんなところがありました。
屏風岩です。
tabi5.jpg




石と水がとても綺麗です。
tabi4.jpg



遊歩道もあって散策できます。
tabi3.jpg




素敵な場所です。
tabi1.jpg




散策して観賞です。
tabi2.jpg




マイナスイオンを感じました。
tabi6.jpg




目的地に着きました。
tabi7.jpg




人口 五百数十人の村のイベントです。
この村は若者が多く、子供の数も多く、素晴らしい村です。
tabi9.jpg



若者が中心になって頑張っている村です。
行ったこの日は「真夏の雪まつり」でした。
tabi8.jpg



観光客も大勢来てました。
休むところも一面雪です。
tabi10.jpg



雪の上では、そりに乗ったり楽しんでます。
tabi11.jpg



気温は25℃ 日本中暑いのに、ここだけは避暑地です。
tabi12.jpg



楽しそうに遊んでいる子供たち、限界集落や廃村の多い今、この村だけは活気がありました。
tabi13.jpg



折角来たので記念撮影ですが、いつも良く撮れていない相棒のシャッター写真です。
tabi14.jpg


ここで焼き立ての大きいソーセージを買って、ケチャップと辛子を付けてもらって雪の上で食べました。

その時、「夜は花火も上げるから見て行って……でも夜は半袖は寒いよ」

と、スタッフが言ってました。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(24)  コメント(21) 

仲間の話 [雑談]

あまり暑くて何も考えたくない……と思っているうちに日はドンドン過ぎて行く!

気が付いたら8月に入っている!

ブログも更新しないと……と思っていてもめんどうくせ~~!!

あまり暑いとエネルギーは暑さに使って、他へ使う分無くなってしまうらしい。

グタグタ ダラダラ、の毎日でした。



だから大笑いをして暑さをぶっ飛ぶ話です。

スポーツ施設の仲間のお話。


彼女は身長146㎝で体重83㎏ 

誰が見ても太い@@

あまり太っているので、体重の重みで膝が痛い。

コマーシャルで有名な会社の膝関節に良いと言う、グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、などのサプリメントを呑んでいる。

いつもユーモアセンスたっぷりの本人曰く

「サプリメントを呑んでいるけど膝の痛みは治らない、サッパリ効かないわ!」

「サプリメントは呑んでも口のあたりに留まっているのか、首から下に落ちず膝の関節まで届かないんだよね。」


「グルコサミンもコンドロイチンもヒアルロン酸も、しゃべるのに効果があるのか口だけが良く動く、あれはサプリメントじゃなくシャベリメントだ!」

「口の関節は滑らかに効くから、シャベリメントで、サプリメントではないわ。」

と言ってみんなを笑わせた。



その彼女は、こんな話もしていた。

「今年の健康診断でメタボリック検診で腹回りを計ったら128㎝……昨年は108㎝だったのに どう言う訳か20㎝も多い!」

「6キロ体重増えたら腹回りは20㎝も多い……そんなに増えるかなぁ~~何でだろう……?」

とも言っていた。


それを聞いた みんなは

「担当者が後ろに手が届かず斜めに計ったからよ」とか

「1年で20㎝も広がれば着ている服が入らず分かるから計り間違えよ」

と色々な発言。


本人は

「昨年までは、ただのデブだった。」

「今年の検査結果はシャープ、シャープ、#、とあるは、あるは、#だらけで # # の付ける場所が無いくらい付いていた。」

と話した。

色々な成人病に引っかかったらしい。



この彼女の追加の笑い話は

「百均ショップへパンツのゴム紐を買いに行ったら、一回分のゴム紐の長さは1mなんだわ」

「1m以上の腹の人のものは無かったの……128㎝の私の買うゴム紐は売っていないのよ」

ということでした。


この人は90歳の母親と2人暮らし、作った料理が残って

「毎日食卓に売れないバイキングを出したり仕舞ったりして、処理をしているから大きくなるんだな、これが悪いのかも!」

と本人は言っていた。


それを聞いて周囲はまた大笑い。

この人の話は会うたびに次から次と新しい話題が出てきて、人並み以上の体型は人並み以上の話題を持っている。

毎日 雑談に花が咲いて笑っている。


笑いは出ないけど別の花が庭に咲いてます。
hana1.jpg



ヒオウギです。
hana2.jpg



オニユリもたくさん咲いてます。
hana4.jpg



カワラナデシコのピンク
hana8.jpg



今満開です。
hana7.jpg



白も咲き始めました。
hana9.jpg



清楚ですね。
hana10.jpg



ハマナスの花は終わりましたが、赤い実が綺麗です。
hana5.jpg



昔と言うほど古くはないけど、このハマナスの実でジャムを作ったことあったけど大変だった。
hana6.jpg

今は小鳥がこの実を食べている、たぶんヒヨドリと思う。


他にヤブカンゾウやヒオウギスイセンが咲いている。


ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(24)  コメント(20) 

地域おこし作品 [芸術作品]

庭の草が伸び放題、ここ2日~3日ほど相棒と草取りをしている。

草取りは午前10頃まで。

汗びっしょりになるので終わった後シャワーも良いけど、いつも仕事に取り掛かる前に風呂の湯を張り、それからとり掛かかります。

汗だくになった体を洗い流してから湯ぶねにゆったり浸かって、リラックスが気持ち良い。

仕事の後は、暑い日でも湯に浸かってます。



それから田んぼアートを見に出かけることにした。

田んぼアートは合併して村上市になりましたが、地区の集落が地域起しに始めたものです。

お昼は田んぼアートを見ながら冷やし中華を食べようと思い、近くのコンビニで冷やし中華を買ってから出かけた。


20キロほど車で走って到着、ここから田んぼアートを見ます。
a-to2.jpg




昨年の田んぼアートの写真が展示されてました。
a-to3.jpg




春、田植えの時期に集落の人たちが田んぼアートを作っている写真も展示されてあります。
a-to4.jpg



古代米や稲の種類の葉の色で絵を表し、間違えないように苗を植えます。
a-to5.jpg




今年はパンダがトラクターに乗ってる絵です。
絵の下の字は 「館腰=たてこし」と書かれてます。
a-to6.jpg

苗を植えるのに間違えないで植えた絵の作品、トラクターに乗っているパンダがとても可愛いです。

パンダの白は何と言う種類の稲なのかなぁ~~

見られるのは8月2日まで。。。その後刈り取られるのでしょう!



ここから見る土手には大木の桜並木が続いて、春は桜の花見も楽しめます。
a-to7.jpg

桜並木も長く、写真は真ん中辺から撮ったので半分しか写っていません、土手も広々していて良いところです。


観賞してから、あっちこっちとドライブを楽しんで遊んで帰ってきた。


追加で昨日の庭のヤマユリ
a-to1.jpg

散りはじめた花も有りますが、この場所はまだ見事に目立ってます。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(33)  コメント(33) 

庭の花 7 [四季]

先日、山の下草狩りへ行ってきた。

相棒が草刈り機で刈ってます。
yama1.jpg



雑草が伸びて凄いです、隣の雑草も刈ってあげてます。
yama2.jpg




私は、林の中に生えてきた雑木を抜いたり切ったり、出てきた棘を切ったり、笹を切ったり。

タラノ木も生えてますが出てきた芽は泥棒さんに、ことごとく摘まれて枯れてしまった立木が数えきれないほど!。
yama3.jpg




タラは芽を盗掘されて枯れたのです、昔は人のものは誰も採らなかった。
yama4.jpg




今は自分の権利だけ主張し、人の権利を奪っても平気な社会になってしまった。
yama5.jpg




昨年までは、私たちが数年かかって種を蒔いたヤマユリが、たくさん出てきて喜んで「ヤマユリ林になるね」、と話していた。

しかし今年行ったら1本残らず無かった。
yama12.jpg

全部掘り起こされてユリらしきものは1本も見当たらない。

相棒は「ここはヤマユリを育てるのは無理だ、庭だけで楽しもう」と言っていた。



同じころ蒔いた庭のヤマユリです。
yama6.jpg




モグラにやられてダメになったところもありますが、今 花の無い時期に咲いてます。
yama7.jpg




ヤマユリは大輪なので華やかです。
yama8.jpg




花の無い庭に目立って咲いてます。
yama9.jpg




ヤマユリは球根を植えてもダメです、全部種が選んだ場所に生えてきたヤマユリです。
邪魔な場所に出てきても動かせないです。
yama11.jpg




我が家の林で盗掘されたヤマユリは、他の場所へ持って行かれても育たないでしょう。
yama10.jpg

土を選ぶヤマユリ、3年で消えてしまう運命です!


日本のユリはとても難しく、ユリ園で見られるユリは西洋のユリです。


ヤマユリを撮っていたらヒオウギが咲いていたのでパチリ
yama13.jpg

蝉の鳴き声は聞いてませんが、蝉の抜け殻が……!


やはり季節は夏でした。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(34)  コメント(27) 

気分転換 [趣味]

若い親は自分の子を虐待、信じられない……1歳 2歳の子が自分の生きる道を選択できず、親によって命が断たれる……!

可哀想で胸が張り裂けそうです。

毎日、嫌なニュースばかりでTVは見たくないし、昔を思い出して物置から忘れていた道具を引っ張り出した。



引っ張り出した道具は茶道具です。

茶の世界から退いてあっという間に20年経ちました。

長年続けてきたお茶は、相棒が退職したらやめて2人の時間を大事にしようと以前から考えていた。

第二の人生は天気を見て相棒と2人で、「今日はこっち、明日はあっち」、と糸の切れた凧のように思いっきり遊ぼうと考え、相棒の退職と同時に茶の世界から退いた。


持っていたお茶の教室も閉じて、来ていたお弟子さんは兄弟弟子に預かってもらい茶の世界から身を引いたのです。


それから、あっという間の20年です!

当時使っていた道具は片付けて物置へ……思い出しながら久しぶりに出してみた。

抹茶も煎茶もやっていた、教えていたのは煎茶でしたが今までしまったまんま。


これは葉盆と言い、お点前をするお盆です。
tya1.jpg



これも葉盆です、お通い盆です。
tya2.jpg



お点前はお盆や、茶机台、箱物から、棚物、敷物、まだまだ色々ありますが、今回は葉盆です。
tya3.jpg



写真が下手なので白く見えますが、綺麗な色の螺鈿細工で作られた鈴虫が埋めこまれてます。
tya4.jpg



今の時期は冷茶ですから、夏物を探しで出して見ました。


冷茶用の夏茶碗でクリスタルです。
透き通った綺麗な茶碗ですが、座卓に移った色々な物が反射して変に移ってます。
tya7.jpg



20年経った今、箱書きも色々あって開けないと分からない。
tya8.jpg



開けたら中は石の茶碗、玉=(ぎょく)の夏茶碗でした。
tya9.jpg



玉の茶碗は夏しか使いません。
tya10.jpg



玻璃=(はり)も夏茶碗です。
tya11.jpg



切子も冷茶の時です。
tya12.jpg




1個1個カットされているのでとても綺麗です。
tya13.jpg




錫の茶たくです。
tya14.jpg



忘れていた作家品も出てきた。
tya15.jpg




茶碗に合わせたり、季節に合わせたりして使ったものです。
tya16.jpg




夏茶碗に合わせて急須もガラスを使います。
tya6.jpg



水注も合わせてガラスです。
tya5.jpg



しばらく飾って眺めたり、入れて楽しんだりしたいです。
tya17.jpg



夏の装いの部屋です。
tya18.jpg



ヤマユリも咲きました。
tya21.jpg



置物はビクの刻み入れ
tya22.jpg



カワセミの花活け
tya19.jpg



このカワセミが来る人を出迎えてます。
tya20.jpg



たくさんのご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(35)  コメント(31) 

健康管理 [食品]

嫌なニュースばかりで嫌気がさしブログもやる気が起きなかった。

腹が立って仕方がない韓国、80年にわたる日本の甘やかし外交のツケです。

日本政府は韓国へ観光で行っている日本人を有事の際 助けるために韓国政府に自衛隊の入国許可を依頼した。

ことごとく蹴られた。

日本の自衛隊は空からも海からも入る許可が無い。

今の状態では有事の際、韓国に居る日本国民を救う手立てがない。

韓国へ観光で行っている日本人は、今のところ自分の判断で自分の身を守るしかない。

旅行社は知っているはずだ、観光で連れて行くのならそう言う説明をして、本人が承知したうえで連れて行ってもらいたい。


日本を「敵性国家」、と言っている国です、同盟国に向けて撃つような国です。

知り合いは「ビザ無しは止めてもらいたい、企業は韓国人を採用しないで貰いたい」と言っている。

もう1人の知り合いは

「日本を、あれだけ嫌いなら同盟も解消すべきだ、自衛隊が安心して戦えない、後ろから撃ってくる国ですからね」

と言っている、当然と思う。

長年にわたり嫌がらせしかしない韓国国民を、TVは経済の損得しか言わない。

「日本のプライドも誇りも無くなって、利益の損得で放映するマスゴミも問題だ」、言っていた。


「日本人の武士は食わねど高楊枝」の精神はどこへ行ったのだ。

「成らぬものは、成らぬ、ダメなものはダメだ」と約束は守るように外務省に頑張ってもらいたい。

知人は昨日、「一旦窓口を閉じて、最初から仕切り直しをした方が良いと思う」と言うほど腹を立てていた。

今までのようなやり方の「害有省」のやり方は打ち止めにしてもらいたい、と思ってます。



。。。。。。。。

ヒッキーをして、こんなことをしていた。

庭にシソがたくさん生えている。

摘み頃なのでハサミで沢山摘んできた。
syuku1.jpg



1枚1枚取り綺麗に洗って
syoku2.jpg



量って
水滴もあるので600グラムで計算。
syoku3.jpg



水を量り沸騰したところへシソを入れてクツクツと15~17分くらい。
syoku4.jpg



シソを引きあげて、良く絞り砂糖を入れて溶かす。
syoku5.jpg



冷めたらリンゴ酢を入れて
syoku6.jpg



完成です。
syoku7.jpg



割って飲んでます。
syoku8.jpg



煮だしたシソを天日干し
syoku9.jpg



フードプロセッサーにかけて
syoku10.jpg



ごま塩混ぜて
syoku11.jpg



シソふりかけの出来上がり♬
syoku12.jpg

シソには、カリウム、ビタミンC、ビタミンE、カルシュウム、βーカロテン、老化防止、アントシアニン、その他にもたくさん体の良い栄養素が含まれてます。

みなさんも、シソはたくさん頂いてください。



この時期、庭の花はギボウシが咲いてます。
niwa1.jpg



たくさんのご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(30)  コメント(26) 

庭の花 6 [四季]

昨日 庭に入ったら家の上の方から異様な音がして見たらカラスが居た。

何が有ったのか気になり、急いで階段を駆け上がったら屋上に1羽の鳥が居た。
tori1.jpg




巣立ったばかりの雛のよう 近寄って見ているのに動かない。

カラスに襲われたのでしょう、あまりの恐怖で動けないのだ。

カメラを取りに行って戻って傍で写真を撮っているのに、それでも動かない……余程怖かったのでしょう!
tori2.jpg




前方を向いたままだったけど、暑いのでしょう、口を大きく開けたり横を向いたりはじめた。
tori3.jpg



屋上の床は日が照ると暑い

「足が暑いと可哀想、涼しい庭へ移してあげよう」
tori4.jpg


と思って軍手を取りに行ってドアを開けたら、何とか飛んでいった

鳥の名前は分かりませんが、あぁ~~無事で良かった、飛んでいった後には、あまりの恐怖で漏らしたフンが残されていた。


。。。。。。。。

すでに終わった花も有りますが、庭に花です。


ヤマボウシ
niwa1.jpg




このヤマボウシには、いつも小鳥が巣をかける。
秋にならないと分からないけど、今年も巣をかけたのかなぁ~~
niwa2.jpg




ホタルブクロ
niwa6.jpg



どんどん増えて引き抜いてます、また無いと寂しいので適当に咲かせてます。
niwa5.jpg



クガイソウ
niwa8.jpg



地味な花ですが何とかモグラから守って咲かせてます。
niwa7.jpg



カキラン
niwa10.jpg



カキラン絶滅危惧です。
ことごとくモグラにやられて昨年より少ない。
niwa9.jpg



八重ドクダミ
みなさんのように綺麗に撮れない。
niwa11.jpg



遅れて咲くサツキ
色々な色が混じって咲いてますが、1本のサツキです。
niwa12.jpg



花ではありませんが、収穫したニンニク。
niwa13.jpg



ニンニクだけは、たくさん料理に使うので作りました。
niwa14.jpg



我が家のキュウリ

2日くらいでこんなに収穫できます。
niwa15.jpg


嬉しい悲鳴を上げて、無駄なく食べられるよういろいろ作ってます。

昨日は、ビール漬けを作りました、今朝から食べごろです。


ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(39)  コメント(26) 

ババの木工細工 [趣味]

洋服作りに、着物作りに、バッグ作り、の針仕事もするけど、木工細工もします。

今回は木工仕事です。
dai1.jpg



電気カンナで削って、削って!
dai2.jpg



サイズを計って掘って 掘って。
dai3.jpg



合わせてはめ込んで
dai4.jpg



ボンドで固定し色を付けた。
dai5.jpg




載せたのは バフンウニの化石
以前から載せる台が無かったので作ったのです。
dai6.jpg



ドイツから出たものです 5個ありました、完成です。
dai7.jpg



今回ではありませんが、この台もババの作品。
載っているのは三葉虫の化石、出た国は不明です。
dai8.jpg




このアンモナイトも台が無かった。
以前作ったババの作品です。
dai9.jpg




木の化石も台が無かった。
これも作品ですわ!
dai15.jpg




数十年前、ブログで載せたことありますが、久々に化石の更新です。

アンモナイトです、北海道 石狩から出たものです。
dai10.jpg




メゾサウルスの化石
メゾサウルス2体 大型恐竜の出る前の古い時代の小型恐竜時代です、どこのものか忘れた。
dai11.jpg




これもアンモナイト化石です。
長い棒状も同じアンモナイトです、最初は長く、だんだん丸くなると聞いてます。
dai13.jpg




砂漠のバラ、ナイジェリア砂漠から出たものです。
dai12.jpg




魚の化石、骨だけが多いのに、この化石は魚の歯も鱗も化石になったものです。
国はアラスカと思います。
dai14.jpg




今回作った台に載って、バフンウニが他の化石に仲間入り。
dai16.jpg


地球の歴史です、こんなものを眺めてます。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(33)  コメント(30) 

お付き合いの旅 [旅]

今回の旅は地方銀行の年金友の会の旅行で、お付き合いで行って来ました。


「参加者が団体扱いの人数にギリギリなので参加してもらいたい」

と我が家担当者がお願いしに来た。

行く先は何度も行っているところなので気はすすまなかったけど、相棒も役員の一員なので仕方がないかなぁ~~

我が家の2名で観光バスの料金も変わってくる、参加者も安心できるなら……と思って参加することにして行って来ました。

前日まで晴れでしたが当日は雨の予報になってしまった。


この日の日本海は冬のような波しぶきの海でした。
tabi1.jpg



冬のような荒波は、場所によっては道路まで波の花が舞い上がる。
tabi2.jpg



到着したところはここです。
tabi3.jpg



クラゲで有名な、この水族館は土日はとても混んでます。
tabi4.jpg




鮭の稚魚です。
tabi5.jpg




アオウミガメも
tabi6.jpg




アカウミガメもおりました。

背中の甲羅の模様が違います。
tabi7.jpg




クラゲ水族館ですからクラゲは何種類もおります。
tabi8.jpg




珍しいクラゲです。
棒のようなクラゲは「シンカイウリクラゲ」と言います。
tabi9.jpg




巨大なクラゲです。
tabi10.jpg




パープルトライプトジェリー覚えられない名前!
tabi11.jpg




パシフィックシューネットル 口が回らない名前
tabi12.jpg




他にもゴマフアザラシなどもおりました、ゆっくりとクラゲを見てから、

三川町にある「道の駅 田田=(でんでん)」で昼食です。
tabi13.jpg




中に入ると囲炉裏もあり、温泉もサウナもあります。
tabi14.jpg




こんな料理が準備されていた、他にも次々に料理は運ばれてきます。
tabi15.jpg


食事を済ませてからゆっくりと温泉とサウナに入った。



2時20分に次へ移動、鶴岡の善法寺に寄った。
tabi16.jpg




この寺は何度も来ているので写真は撮りませんでしたが立派な五重塔もあります。

この建物は奥の院です。
tabi17.jpg


ここを最後に帰ります。


心配していた雨も、良い天気では無かったけど1日傘の必要もなく、バスの乗り降りもできました。

今回の旅は、あっちこっちの道の駅に寄ったので、寄るたびごと買い物をして買い物旅行でした。



ご訪問頂きありがとうございました。


またお越しください。
nice!(27)  コメント(20)